イメージ1エクセルで世界一簡単に
ホームページを更新する
練習をしてみよう!

いつも更新したい部分として、新着情報があります。
青い楕円でマークした部分です。
今回はその新着情報の部分を、世界一簡単に更新する練習をしてみましょう!

最初に更新対象となるサンプルページを確認しておいてください。

あとで新着情報が変わったことを確認するために、新着情報の内容を覚えておいてください。

では、練習を始めましょう!

1、エクセルを起動します

エクセルのバージョンは問いません。
今回は、Excel2007で解説します。

イメージ2

エクセルで左のように新着情報を入力します。

日付や内容は自由に入力してください。

入力方法はいつも使っているエクセルですので説明は省略します。

2、csv形式で保存する

イメージ3

入力が終わったら左のように
「名前を付けて保存」-「その他の形式」
を選択します。

デスクトップにcsv形式で保存する

今回の練習用では、下のように「保存先」をデスクトップにしてください。

イメージ4

また、「保存」ボタンのところの「ファイルの種類」に、”*.csv”を選択してください。
そして、その上の「ファイル名」を、”news.csv”にしてください。

練習用として、「保存先」・「ファイル名」は上記の通り固定にします。

保存ボタンをクリック

「保存」ボタンをクリックすると、下のメッセージが表示されます。

イメージ5

そのまま、「はい」をクリックします。

エクセルを終了する

エクセルの「閉じる」ボタンをクリックすると下のメッセージが表示されます。

イメージ6

すでにcsv形式で保存しているので、「いいえ」をクリックします。
エクセルが閉じます。

3、csvファイルをサーバーに転送します

イメージ7

一般的には、左のようなファイル転送ソフトを使います。
その使い方も非常に簡単で、ファイルをファイル転送ソフトにドラッグするだけでサーバーに転送されます。

今回は、練習なので下の「ファイル:」の「参照」ボタンをクリックして、「デスクトップ」にある”news.csv”を選択してください。

ファイル:


そして、「アップロード」ボタンをクリックするだけで、先ほど作成したcsvファイルがサーバーに転送されます。


結果を確認:更新対象となるサンプルページの新着情報が入力内容に変わったことを確認してください。


もっと詳しく・・・

詳細情報はこちら・・・【エクセルで世界一簡単にホームページ更新】